Thursday, May 3, 2018

  

   創意に富んだ伝統音楽コンサート




タンセン シュリワスタヴとマチェイ コレニッチは2016年に音楽コラボレーションの旅を始めました。それ以来、インドと日本の観客に多くのコンサートや様々なイベントを行っています。 インド、スロバキア、日本などの伝統的で古典的な民族音楽を紹介しています。 彼らの演奏は伝統に基づいていますが、彼ら自身の音楽表現と非常にユニークな即興のやり方です。 この時代のワールドミュージックパフォーマンスを特別な機会に是非お楽しみください。

タンセン・シュリワスタヴ
ニューデリー出身のタブラ奏者。幼少の頃より、著名なタブラ奏者に師事。これまでに、世界各国のフェスティバルでの演奏経験を持ち、2007年と2009年にはイギリスBelfastで毎年開催されているSUMMER FESTIVALへの出演を果たす。
2010年には当時のインド大統領、プラティバハ・バティル氏の邸宅に招聘されアメリカ大統領オバマ氏を前にして演奏。
また、彼が指揮を務めるパーカッショングループ ”LAYAYATRA"はインド国内でも高い評価を受け、2011年には
Sacheon International Percussion Festival (韓国)にて、ギタリスト渡辺香津美氏との競演を果たす。
インド古典音楽だけではなく、FUSIONや様々な楽器とのコラボレーションも得意とし、安定感のあるプレイと情熱的なリズムで、アーティストからも厚い信頼を寄せられ、聴衆を魅了し続けている。Amity International School(デリー)にて音楽講師を務め、後世の育成にも情熱を注いでいる。

Matej Kolenic/マチェイ・コレニッチ
スロバキア出身。 スロバキアの伝統楽器フヤラの奏者。 2006年よりフヤラ奏者として活動を始める。アイルランドの音大を卒業し、大学院では民族音楽を専攻。
10代からスロバキアでロックバンドを結成しギターを演奏する。20代からオーストラリアに留学し、ローカルバンドのベースプレイヤーとして加わる。20代後半、アイルランドに移住し大学に通いながらワールドミュージックバンドを結成し活動。エ スニックバンド Jungle Bean の活動開始、Cork Jazz Festival(アイルランド)などに出演。2013年から日本へ本格移住し、津軽三味線を通じて独自のアラビック三味線スタイルを生み出す。日本ではさまざまなライブを企画し、多くのアーティスト、その中でも有名な三味線奏者の山本大、インド音楽のスペシャリスト、ティムホッフマン、NHK番組『日本語で遊ぼう』のプロデューサー、七色のマジカルボイスシンガーおおたか静流とコラボレーションをする。同時にマチェイ教室を開き、地域の子供達に音楽や英語を広める。 

ご予約はこちらです:https://www.thaisara.jp/

日時:2018年6月3日(日)15.00時~17.00時
会費:3,500円(インド料理&1ドリンク、ミュージックチャージ込)
会場:妙蓮寺 ”タイサラ” タイレストラン www.thaisara.jp
ADDRESS 〒222-0022 横浜市港北区篠原東1-2-19
TEL 045-421-8044
定員:15人

No comments:

Post a Comment