Friday, April 13, 2018

        イラン現代芸術、伝統を取り入れたモダンアート 




イランの芸術作品には長い歴史があり、古くから世界中で愛され、高い評価を受けています。しかしそのスタイルと作品づくりは、政府や宗教の変化、あるいは国民のライフスタイルや考え方に影響され、様々な変化を遂げてきました。 そうした中、現代のイランの芸術家たちはどのような想いで作品づくりに挑んでいるのか?また伝統的美術とモダンアートのコラボレーションは、どのような新しい世界観を生み出してきたのか…? 今回は、イランの芸術について、そうした切り口からお話しします。 また、テヘランの現代美術館やアートギャラリーなど、これから観光でイランを訪れる予定の方に役立つアート情報についてもご紹介します。

アフサネ・トフィギー:
1984年テヘラン生まれ。2013年に国費留学生とし
て来日し東京芸術大学に入学、日本画を学ぶ。現在は、海外向けに日本の情報を発信するラジオ番組の制作や、通訳・翻訳に携わる。

ご予約方法:
www.thaisara.jp へお申込みください。
宜しくお願いします。

日時: 2018年4月22日(土曜日) 15時00分〜17時00分 
会場: タイサラ タイ・カフェ&レストラン 
http://www.thaisara.jp/ 
会費: 2,500円 (ペルシア料理とワンドリンク付)
定員:15人

No comments:

Post a Comment