Friday, November 11, 2016


メイド・イン・ジャーマニーの近現代史 ー自動車から、食文化、おもちゃ、そしてクリスマスまで





メイド・イン・ジャーマニー。この言葉に、どのようなイメージをお持ちでしょうか? 実は、これが生まれたのは19世紀末のことでした。
私たちが日常的に触れるドイツ製品、たとえば自動車などの工業製品、チョコレートなどの食品、テディベアなどのおもちゃなどなどの、発明と発展について歴史的な背景を交えて解説します。
身の回りのドイツ製品の見え方が変わる知識と体験を、ぜひ!

プレゼンター: 伸井太一(ドイツ史・製品文化ライター
著作『ニセドイツ』(全3巻)、『教養のドイツ現代史』(ミネルヴァ書房)、『日本人が知りたいドイツ人の当たり前』(三修社)※ともに2016年に出版された共著で、本名での執筆。

日時: 12月11日(日曜日) 15時00分〜 17時00分
会場: タイサラ タイ・カフェ&レストラン http://www.thaisara.jp/
会費: 2,500円 ドイツ料理の軽食&1 フリードリンク(ビール、ワイン、ソフトドリンク等)
(学生の方とアルコールを飲まない方は500円割引になります。)
定員: 15人
お申込み先:http://www.thaisara.jp/

No comments:

Post a Comment